HERMES petit h / Kintsugi

私はモノを想う心によって美意識が育まれ、モノを大切にする優しさが他人や環境に対する優しさにも繋がると考えています。

モノが傷んだら廃棄するのではなく補修して使う。そのような精神を広く伝搬させることができれば、世界はより美しく、より魅力的になるでしょう。

金継ぎとは割れたり欠けたりした陶磁器を漆で接着し、継ぎ目に金や銀などの粉を蒔いて飾る、日本独自の修理方法です。修理後の継ぎ目を「景色」と称し、傷をむしろポジティブに捉え、その趣を楽しむことができます。そのような金継ぎをpetit hとのコラボレーションによりKINTSUGIへと昇華させました。

不運にも欠けや割れが生じたエルメスの器がKINTSUGIによって新たな商品へと生まれ変わります。

 

I believe the sense of beauty comes out of our affection towards all things around us, and the person with this affection can also be kind to other people and the environments as well. When things got damaged, we can fix  and re-use them,instead of waste them. I firmly believe that the world will be a more attracting place, when this spirit spreads widely.Kintsugi is the way of our unique traditional technology to repair broken pottery and porcelain with Japanese lacquer,powdered gold, and silver. The philosophy behind this product is changing the damaged part into even “a positive scenery”  and enjoying the beauty of the whole object. I designed this KINTSUGI porcelain by combining the concept ofHERMES petit h with a Japanese traditional technique.

Client

HERMES

 

Year

2015

TOP

NEWS

WORKS

ABOUT

CONTACT

Heart in HaaT

東京・福岡・大阪で開催された「Heart in HaaT」展では、HaaTの想いと日本のモノづくりの魅力がより広く伝搬するようにとの気持ちを込めて、滴が水面に落ちた時に起る水紋になぞらえて空間をデザインしました。

また、そこに照明の光を浴びてきらめくガラス製の水滴を散りばめ、それらとテキスタイルのきらめきとの相乗効果によって神秘的な空間を生み出しました。

生地のディテールに込められた精神や、数多くの工程を経てでき上がる時間軸としての奥行きを来場者に感じ取ってもらうため、ガラス製の水滴の"レンズ効果"を通して、それらをより深く見て感じとるという行為をデザインしました。


'Heart in HaaT' is a series of exhibition held in Tokyo, Fukuoka and Osaka.

We designed the space as if ripples travel across the water so as to convey the beautiful philosophy of both HaaT and the Japanese craftsmanship will spread.

Besides, by spattering glass-made 'dewdrop lens' glittering with lights, produced sacred atmosphere into the whole space.

Through the dewdrop lenses on the garments, emphasizing the details of its textiles, the visitors intuitively experience the deeply embedded philosophy and history behind each products.

HOUSE K

閑静な住宅街に建つ若い夫婦と小さな男の子の3人家族のための住宅です。敷地は比較的交通量が多い小道のクランクとなる角地で、この住宅街の入口とも言える象徴的な場所です。対面には広い公共の施設があり、都心にしては珍しく開けた視界が確保できる希有な敷地です。その視界が開ける方角にリビングを配置し、幅10mの柱の無い大開口を設けました。その開口を保持するための大梁の高さを利用して、十分な天井高さを確保し、都内の住宅とは思えない高さ方向の広がりと幅方向の視線の開放感を実現しています。特異な敷地形状によって生まれた外壁線が伸びやかな空間を創出し、さらにその伸びやかさを助長するために部屋の角に設けたライン状の間接照明がこの家のアクセントとなっています。

 

まだ幼いご長男は建築がお好きなようで、打ち合わせの際にお持ちした模型を建物が完成した今も大切にしてくれています。敷地に対して素直に、しかし、大胆な構成のこの住宅で、創造性を育みながら、建物と一緒に成長する姿が見れるのを楽しみにしています。

 

It is a house with 3 family members, young couple and little boy, standing in a quiet residential area.

The site is in iconic location which can be described as an entrance of this residential area located at the corner of the alley where there are many traffics. It faces a large public facility offering an open view which is quite hard to find in the city center. The living room is placed to the direction of the open view and a large opening is provided with the length of 10m without a pillar. The opening is held by high beams ensuring the ample height to the ceiling. It realizes a vertical stretch and a sense of openness in the horizontal view which makes it difficult to believe that the house is in Tokyo. Its outer wall line due to the unique grounds’ shape creates a comfortable space, and the line-shaped indirect lighting in the corner of the room provided to enhance the comfort of the open space accents the house.

 

The little boy still treasures a model of the house used for discussion even after the building has been established. I am looking forward to seeing how the family will grow with fostering creativity along with the house which was built complying with the site but with an adventurous structure.

Type

Residence

Floor: 2 floors

Construction: RC

Site area: 145.3 sq meter

Gross floor area: 147.2 sq meter

Builder: Eiger co.ltd.

 

Location

Tokyo

 

Year

2016

 

KOTOBUKI

パンを焼く時に使用する薪をイメージした丸太を敷き詰めたカウンターを中央に据え、その後ろにある大きなガラス越しにパンを焼く厨房を見通すことができるレイアウトにしました。

 

We had charge of interior design for bread and pudding bakery shop.

I fixed the counter where I spread a log reflecting the image of firewood to use when I baked bread all over in the center and did it in the layout which could foresee the kitchen which baked bread over big glass in the back.

 

Type

Bakery

Floors: 1F

Floor area:53 square meters

 

Location

Saitama

 

Year

2016

 

 

 

HOUSE H

Type

Residence with studio

Floors: B1F - 3F

Construction type: RC

Floor area:105 square meters

 

Location

Tokyo

 

Year

2015

 

 

 

作曲家のためのスタジオを併設した都市型住宅です。東京という過密都市において前面にある公園の緑がある敷地に巡り会えることは非常に貴重です。この緑との共生を熱望されたクライアントのために、繊細なスチールサッシによる大開口のデザインから設計をスタートさせました。日本には古来から借景と呼ばれる造園手法がありますが、まさにその借景のように遠くにある景色を生活の中に取り込むことでより豊かに暮らすことを可能にしたプランとなっています。

吹き抜けのあるリビングや寝室からはもちろんのこと、半地下に設けたスタジオからも開口部一杯の緑が望めるように計画しました。防音を必要とするため閉塞的になりがちなスタジオには緑を取り込む前述の開口に加え、3.6mの天井高により充分な開放感を確保しています。内部は、開口部で使用した繊細なスチールのイメージを手すりや鉄骨階段のデザインとして室内にまで取り込み、ふんだんに使われた木との組合せで柔らかな印象も与えつつ、極めてシャープでシンプルな印象を維持しています。中央には杉板型枠の打放しRCとして残した独立壁がコンクリートの力強さを印象付けるとともに、視線を高く保つデザインの要素として機能しています。

 

都心に居を構えつつも、緑の中で音楽を奏でながら明るい光の中で生活できる住宅を実現しました。

 

This is the urban housing with studio for a composer. It is very rare to find a space, where there is a park with rich greenery in Tokyo, one of the world's most concentrated cities. The client, who long for living with nature, we started designing large opening with fine steel sash. In Japan, there is a traditional landscape gardening, called 'Shakkei', and this is the exactly good example of the tradition, which enables rich lives by incorporating scenery around. We designed person can enjoy the green scenery from the large opening everywhere, even studio on semi-basement as well as living room and bed room.Studio, which should have soundproof, usually become closed space, however, we put the opening above and also ensured enough open space by making the ceiling 3.6m height. Interior, we use a lot of wooden materials, allowing to have soft atmosphere. At the same time, we applied the design of the fine steels for the large opening into handrails and steels stairs, which left sharp and simple impression in the whole space. The whole building is RC constructed, however, almost all the concrete part is painted except for one independent part in the center.We intentionally exposed the concrete, which has cedar wood surface. This emphasizes its dynamic presence and also functions as raising sight line higher.

In the very center of urban city, we realized a housing, where the owner can live with music surrounded by rich and bright nature.

 

mina perhonen

ミナペルホネンが20周年を迎えるのを記念してミナペルホネンの生地「dop」を使用して作られたぬいぐるみです。

dopは使っているうちに色の変化が起こる特殊な生地です。

私はその色の変化を退色ではなく成長だととらえました。

私は、このdopを使って、愛情たっぷりに接しているうちに色が変化していく、子供と共に成長するぬいぐるみを作りたいと考えました。

 

This is a stuff toy designed with 'dop' cloth to celebrate the 20th anniversary of mina perhonen.

'Dop' is a special cloth, of which color changes with times.

 

I translate its color changing nature as growth.

By using this dop, I designed this adorable stuffed toy, which grows up with kids as he/she plays together.

Client

mina perhonen

 

Size

H540 × W330 × D135

 

Year

2015

PIXIENG

今春、ミラノサローネで発表されたデジタルデバイス「PIXING」のデザインを担当させて頂きました。

PIXIENGは私たちの五感を5.5感へと拡張し、従来の文字入力検索や画像検索などでは知り得ない、または辿りつけない情報を探索するためのデバイスです。今後、アプリケーションの開発が進めば、目の前の土や水や大気の状態を読み取ったり、モノの色調や硬さや成分を表示したり、またその結果の近似値をもつモノや情報を検索結果に表示することが可能になります。

その形状は目の前にある見えない情報を捕まえるデバイスであることを意識し、網をイメージしたデザインを採用しました。

好奇心旺盛な子供が使うことを想定し、丸みを帯びた形状としました。

幅広い世代の知りたい欲求を満たし、文化の発展に寄与するデバイスとして、広く普及することを願っています。

 

PIXIENG expands our five senses to 5.5 senses and is a device to search for information I cannot know it by the conventional character input search or image search.

If development of the application advances, it will be possible to look up a color, hardness or the ingredient of soil, water and an atmospheric state around you, and will also be able toshow similar things and relating information just like a current internet.

The shape adopted the design which imaged a net being conscious of being the device which caught invisible information at hand.

I assumed that the child who was full of curiosity used it and assumed it a round shape.

This device satisfies the desire that the wide generation wants to know and prays for contributing to development of the culture, and spreading widely.

Client

SHIFTBRAIN Inc

 

Item

Degital Device

 

Material

Epoxy resin

Size

W120 × D220 × H75

WEARABLE

かつての人間は自然との対話をもっとスムーズに行えていましたもっと敏感に周囲の人間の感情を読み取ることもできていたものと思われます。

人間が文明を手にする過程で失っってしまった第六感とも言える能力を、最先端の文明の力を用いて取り戻すことをコンセプトに掲げて開発したウエアラブルデバイスのコンセプトモデルです。

機能をアラート表示に限定することで、小型軽量化を実現しました。自分がどちらに進むべきなのか、誰からの着信なのかなどを視界にアラート方式で表示してくれます。

 

Long time ago, the human beings were much more close to nature.  I assume that we could 'read' even subtle feelings of other people around.

This is a concept model of a wearable device, aiming for retrieving our 'six sense', which we lost in exchange of economic development, by using leading-edge of technology.

The device attained miniatuarization and light weighting by intentionally limiting the utilities only for the alert. The alert  will tell you which way you need to follow or whose call you get in your eyesight.

Client

ZEPPELIN

Size

150×175×40

Year

2015

Mement Mori

アンドロイドOSで、新しい概念の時間を表示する時計アプリ「Memento Mori」を自社で開発しました。スマホに搭載されるアプリを1つの表現方法として捉え、新しい概念の時間を表示する時計アプリを絵画や彫刻を作るのと同じ感覚で作ってみました。

このアプリは、個人に時の起源をゆだねた新しい概念の時計です。哺乳類の平均生涯心拍数が約25億回であることを根拠とし、自分やパートナーにどれだけの時が残されているのかを心拍数で表示します。

人は死を意識してこそ有意義に生きることができます。わたしたちに残された時間はいくばくか…。

 

We designed clock app 'Memento Mori' to propose different way of perceiving 'time'. This uses Android OS, and it is free app. Feel free to experience our clock.

How do we live a life of purpose? We have an answer: Memento Mori, a clock that lets you see how many heartbeats you―and your loved ones―have left in your life. The idea is to imbue our lives with meaning by reminding ourselves of our mortality. Based on the hypothesis that we have a limited number of heartbeats in a lifetime, this app will let you do just that.

How many more heartbeats do we have? What will we have accomplished, and where will we be when our heart beats their last?

Type

Android App

 

Year

2015

TELEPATHY ONE

TELEPATHY ONEは、様々な情報を常に視界に表示し、音声やジェスチャーによってデバイスに指示を与えることで、離れた人と、まるでテレパシーのように情報のやり取りを可能にする次世代型ウェアラブル情報デバイスのコンセプトモデルです。

我々はデバイス自身の存在感を限りなく小さくすることがTELEPATHY ONEの思想を体現するためには最重要項目であると判断し、極限にミニマムな形状を追求しました。また、機器類を可能な限り視界から外すために、顔の側面にそれらを配するデザインを採用しました。

外装には靱性に優れ、金属アレルギーの心配がなく、高級感漂う質感を持ち、質量が鋼鉄の約1/2であるチタンを採用し、表面を周囲の光景が映り込む鏡面仕上とすることで、視覚的な存在感を軽減しています。

 

We designed a concept model of TELEPATHY ONE. TELEPATHY ONE is a wearable communication device for the next generation, which enables nonverbal communication with a person in remote place by visualising various information on your sight such as voice and gestures.

We analyse the crucial point lies in minimising the presence of the device so as to achieve the philosophy of TELEPATHY ONE. Therefore,  we pursued the minimum shape as possible. Besides, we put aside techinical elements on the side of the face so that they will not be appeared in the user's eyesight.

We use the titanium because it does not cause metal allergy, has posh texture, and weighs just half of the steel. Furthermore, mirror finishing conating, projecting reflection of scenery around, allows it to reduce its visual presence.

Type

Concept model

 

Year

2013

 

Material

Titanium

 

Size

W192 × D244 × H15

Jun Hashimoto TOKYO

photo by Junji Kojima

Year

2014

 

Location

OMOTESANDO HILLS

TOKYO

 

Scale

84 square meters

Client

JUN HASHIMOTO

豊かな自然に育まれた日本人特有の感性を尊重しながら、ディテールにこだわり、素材を厳選し、真摯な姿勢で服を創り出すJun Hashimotoの精神を空間に折り込むことを意識しながら空間をデザインしました。

ディテールと素材を吟味した組み木は単に飾りではなく、商品を陳列する棚やフックとしても機能します。

その組み木を脚へと転用したセンターテーブルの鏡の天板が光を反射して月を天井に出現させ、空間を特徴付けます。

この空間でお客様はJun Hashimotoの精神に包まれるようにしてそれを体感し、商品をより深く理解することができると考えています

 

The philosophy behind the Jun Hashimoto is to create garments sincerely being particular about the details and materials through beautiful sensibility of Japanese nurtured in rich nature. We weave this philosophy into the space.

The Japanese traditional wooden framework, called ‘Kumiki’, the detail and the material of which were all carefully selected, does not only work as decoration, but also work as display tool of the products.

The mirror board on the top of the table in the center reflects lights, which projects moon to the ceiling.

We believe that visitors experience the philosophy of Jun Hashimoto in this space resulting in deeper understanding of his products.

Lily

リクルートテクノロジー社が始めて手掛けたウエアラブルデバイスのコンセプトデザインです。中高生の女性向けのデバイスとすることで、より広い層にアプローチすることのできるウェアラブルデバイスをデザインしました。

 

This is a concept design of a wearable device, the first model for Recruite Inc., We designed Lily for teenaged girls so as to reach wider range of people.

Client

Recruit Technologies Co.,Ltd.

 

Size

270×30×10

 

Year

2014

h220430

地球環境の悪化や、貧富の差が生み出す様々な問題など、現代社会が抱える多くの難題に対して私はデザインによる有効なアプローチがあると確信しています。

優れたデザインは自発的に世界中へと広がり、同時にそのものが持つメッセージも広範囲に伝播します。それらは時にテキストやArtよりも強い影響力を持ち、そのデザインに触れる者の間に意味のあるコミュニケーションを誘発します。

もちろん、その効果は大きいものではありません。しかし、

しかし、それらの問題に対しては劇的な効果を求めるよりも、わずかな効果の積み重ねに期待するしかないのが現状です。我々はこの現状を踏まえ、社会が本当に必要としているものを世に送り出すための最善策を模索します。国境や言語の壁を乗り越えて、社会の良き代弁者としてデザインに取り組み、メッセージを世界へ向けて発信していきたいと考えています。

 

I believe that design is one of the useful methods to solve various issues in today's society such as environmental issues and disparity in wealth.

Excellence design spreads across borders andhas a power to convey messages widely.

Of course, this does not bring huge impact. However, we believe that the accumulation of small changes will make it different. We will do our best to find the best possible solutions for our society. We would like to design as a representative of the society and propose the alternative solution to the world

 

Award:

2011 Decoration International Media Award

         Annual Original Products Design Award

Exhibitions:

2011 Cheongju International Craft Biennale in Kore

2011 ''SOME NEW WARES'' Gallery SOMEWHERE

2011 ''SHOSHU OPENING EXHIBITION'' in Munchen

2010 DESIGNTIDE Extension ''h220430 - Opportunity''

Established

30th of April in 2010

 

Director

Satoshi Itasaka

 

Retailers

Gallery SOMEWHERE in Tokyo

SHU SHU in Munchen

 


URL

http://www.h220430.jp


Email

info@h220430.jp

Portfolio

New Made in Japan